楠本健康センター・院長ブログ

あの日から20年

今日は「阪神淡路大震災」から20年たちました。

睡眠中だった明け方に突然の揺れ。

始めは・・いつもの地震か・・と思って目覚めたのですが

今迄と違う大きな揺れ・・コップの割れる音・・。

揺れが止まり外を見ると・・真っ暗闇・・停電。

少しして停電が回復しテレビを観ると大変な事態、光景が。

当時はまだ病院勤務していました。

急いで病院に出勤、色々な事に対応した事が思い出されます。

もう一つ今日は・・「おむすびの日」。

1月17日の震災で被災された方々にボランティアさんの炊き出しが行われ、

すぐ食べられる・・「おむすび」・・が配られ感謝の気持ちから

そう決まったそうです。

おむすび・・お結び・・当院も感謝の気持ちを忘れず

皆様との結びを大切に施術させて頂きます。