健康習慣

自然治癒力を高める7つの健康習慣とは

自然治癒力

ご来院

私達人間は、元来自然治癒カと云う、素晴らしい健康を保つカを持っています。自然治療カとは、人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、自分自身の血液等によってケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。自己治癒力とも呼ばれています。

自然治癒力を高めるには、適度な運動と食事(腹八分目・偏りのない食品)そして十分な睡眠が必要です。体を冷やさないことも大切です。
(40度前後のお風呂にゆっくり入りましょう。)

白血球の作用が活発であると、外から侵入してくるウイルスや細薗を一気に叩くことができるのです。つまり必要以上の薬の世話にならないで、健康な身体を維持する機能を私達の身体は生まれながらに持っているのです。自然治癒力を高める整体で健康な身体保ちましょう。

7つの健康習慣

  • 1    喫煙しない
  • 2    定期的に運動をする
  • 3    飲酒は適量を守るか、しない
  • 4    1日7-8時間の睡眠を
  • 5    適正体重を維持する
  • 6    朝食を食べる
  • 7    間食をしない

この7つの生活習慣を見直す事によって病気の予防・健康の増進に繋がります。ただ肩や腰など痛みが有る時には適度な運動すら出来ません。
気持ちもすっきりしません。
整体施術で身体と心を健全に、そして健康寿命を延ばしましょう。

自然治癒力を高める技術

自然治癒力を高める技術

月に1度は整体で身体のリフレッシュを

私達人間は生まれてまもなくどちらかの股関節が亜脱臼してしまいます(僅かだがずれている状態)。
そのためにほとんどの人が必ず左右どちらかの足が長いはずです。長いほうの足は骨盤を斜めに持ち上げています。それが原因で私達の身体には六ヶ所以上のズレ・ヒズミが出来、これが血液の流れを悪くし、あらゆる病気の原因となっているのです。

藤田式整体術でその足の長短を正し、カイロプラクテイックで椎骨のズレやヒズミを正しい関係にすることにより、肝臓や他の内蔵への圧迫がなくなり、各細胞器官の働きが活発になり自然治療カは高まるのです。運動を毎日続けましょう。適度な運動も自然治療カを高めます。アキレス腱をバネにして、足の長短を正しくすることは誰にでもできます。日頃健康に自信のある人でもズレ・ヒズミのあるまま年月が過ぎますと、必ず健康を害します。
健康であると思える間に、正躰にしておきましょう。病気の予防と健康の自衛活カの増進になります。

脊椎の異常と病気の関係

人体図

頭痛・神経痛・高血圧
めまい・アレルギー・鼻炎
風邪・喘息・五十肩
むち打ち症・気管支疾患
喘息・手の痛み・しびれ
心臓機能障害
気管支炎・助膜炎・肺炎
肝膨障害・胆嚢の疾患・貧血
胃疾患全般・食欲不振
しゃっくり・肝臓疾患・倦怠感
じんましん・肝臓
整理痛・寝小便・更年期障害
膝疾患・坐骨神経痛・生理痛
坐骨神経痛・足の冷え
慢性腰痛・かかとの痛み
膀胱・痔疾患・生殖器
自律神経失調症

ページ上部へ